恋する美容整形│埋没法やベイザーでメリハリがつきます

美容

目立つしわの解消法

治療方法の変遷

綺麗な顔

顔にできたしわを消すために、美容外科クリニックを受診する人が大勢います。値段の高い美容液を日常的に使っていれば、ある程度しわの発生を遅らせることができます。でも、一度できてしまったしわをセルフケアでなくすことは、ほぼ不可能です。そんな時は、美容外科クリニックで医学的な治療を受けるようにするのが、一番確実かつ安全です。昔からよく行われてきたしわ取り治療の方法は、髪の毛の中や耳のつけ根部分の皮膚をメスで切り開き、余分な皮膚や脂肪を切除した上で縫い縮めるという方法です。この方法であれば、かなり症状の重いしわでも確実になくすことができます。しかし、最近では、そのような大掛かりな手術ではなく、注射や特殊な糸を用いる治療を受ける人が増えてきました。誰だって体にかかる負担が少ない方法で治療を受けたいと考えるのが当然ですから、これからは注射や特殊な糸を用いる治療方法を選ぶ人が増えるだろうと予想されています。

注射を用いる治療

しわ取り注射には、ヒアルロン酸注射とボトックス注射の2種類があります。中に入っている薬剤の名前が違っているだけで、どちらを利用しても治療効果に大差はないだろうと思い込んでいる人がたまにいますが、それは大きな間違いです。使用する薬剤の種類によって、得られる治療効果が大きく変わってきますので、医師とよく相談をして、自分の症状に合った注射を使用するようにしなくてはなりません。ヒアルロン酸注射は、細かい縮緬じわの改善に有効です。ヒアルロン酸は粘度が高い物質なので、注入した部位に美肌効果が実感できます。一方、ボトックス注射には、表情筋の働きでできてしまった額や眉間の深いしわを改善する効果があります。自分が治療を希望しているしわの種類を見極めた上で、受ける注射の種類を決める必要があるので、事前に確認しましょう。